甘くて美味しい果実のマンゴーのようなバスト作りを目指す方は必見です!

努力こそが実りの証明となる!!

きちんと実ってくれる!

おっぱいの大きさは、
遺伝などがもちろん影響してくることも多いのですが日々の努力によって変わってくるものでもあるのです。

いつの日か、バストアップというのもまた必ず努力が実るものですので自分は小さいし、これは遺伝だからとあきらめる必要はないのですね。

 

努力こそが実りの証明となる!!

努力次第で確実に実る

 

努力はちゃんと実りますし、おっぱいもさらに大きくちゃんと実ってくれるというものなのです。

しかし、その努力はやみくもにすればいいというものではなくちゃんと正しくしなくてはいけない、ということでもあるので努力の方向性を間違えないようにしましょう。

 

鍛え方・運動の仕方について

 

まず、気をつけなくてはいけないのが運動をするときどこを鍛えなくてはいけないかを考えることですね。

確かに、一見胸を持ち上げるためには胸筋を鍛えなくてはいけないという風に考えてしまいそうですが、実はこれは間違いなんです。

おっぱいを持ち上げるために必要な筋肉、というのはお尻や太もも、腰、背筋といった筋肉なんですね。

トレーニングをするときはまずはちゃんと自分の体のどこがどこに連動しているのか、ということを考えましょう。

筋肉の構造は、改善したいところの筋肉だけを鍛えればいいというものではないということなのですね。

 

モテ女子になる決め手とは!?

 

男性からモテる、というのは女性の一つのステータスだと思います。

しかし、モテ女子になるためには何が必要なのでしょうか?

料理スキルや家庭スキル、性格の優しさや顔の可愛さ、甘え上手。

いろんな要素がありますが、その要素の中にちょっと身も蓋もないことではありますが胸の大きさ、というものもあげられるんですよね。

もちろん、胸だけが女性の価値ではないのですがやっぱり男性はどうしても女性のおっぱいを見てしまうものですからね。

 

大らかな心を持つこと

 

それを、品がないとはねつけてしまうか男性はそういうものだから、と受け入れることができるかでモテるかどうかという部分も変わってくるのです。

まずは、そういった度量の広さを身につけることもモテるために必要なことなのです。

それを受け入れたら、まずは自分のおっぱいで男性をくぎ付けにしてやるくらいに思ったほうがよりモテるのです。

バストアップで、おっぱいに磨きをかけておっぱいも女子力も思いっきりあげてしまいましょう。

どういう形にせよ、自分の目標に頑張っている女性は素敵なものです。

その結果で、自分がより綺麗になることができたらやっぱり女性もうれしいですよね。

何より、周りの見るめが変わるというのも大きな快感ではないでしょうか。

 

乳腺を刺激させながら効果を出す

 

乳腺を発達させましょう上手なバストアップをするためには、乳腺を刺激することが必要です。

そのためには効果的なツボを押すという方法があります。

女性ホルモンの分泌を促すツボを押して、バストに良い効果を与えるようにしましょう。

ツボの探し方って難しいんじゃない?と思う人もいますが、実は結構簡単なんです。

 

効果のあるツボを探してみよう

 

ツボを探す時はお風呂に入りながら行うと効果もあり、探しやすいと言われています。

ストレスも解消出来ますので、メリットがたくさんありますね。

だん中(だんちゅう)というツボは、左右の乳首を結んだ線の真ん中に位置します。

指で押してみて少し痛いと感じるところが、だん中です。

指をあててゆっくりと押していきましょう。

そして段々強めて3秒間押し続けます。

これをトータル5回続けてください。

習慣づけるようにしましょうツボ押しはすぐには効果が出にくいかもしれません。

でも毎日続けることにより、それが習慣になってくるのです。

そして段々と効果を感じることが出来てくるでしょう。

焦ったり慌てたりしないで、ゆっくりリラックスしながらツボ押しをしてみましょう。

バストアップに効果のあるツボは他にもありますので、ネットなどで調べてみるのも良いですね。


最新記事

  • 「男性は、バストのことで悩む必要が無くて羨ましい」なんていう女性の声もありますよね。 確かに、バストの悩みと言うものは女性にしか分かりませんし、実際に悩んでいる方からするとそのように思っても不思議はありません。 しかし、 …

    バストは女性の武器そのもなんです!

  • 自分のバストに大きく悩みを持ち続けていた私でしたが・・・ そんな事は中々人に相談できませんでした。 ダイエットをしてからと言うものの、すっかり胸が小さくなってしまったのです。 何とかしてバストアップを試みたいと、インター …

    バストについて悩んでいた私

  • 妊娠線の第一の予防は保湿です。皮膚を乾燥から防ぎ保湿することで、皮膚に弾力を与える効果があります。そのために予防クリームを使っての保湿マッサージは、皮膚の乾燥防止と伸縮性向上に大いに効果が上がります。 ところがすべての人 …

    妊娠線予防は保湿が当たり前